セミナー情報

インバウンド時代の

ダイバーシティ経営

外国人雇用のポイント

 

[日時] 9/6(水)   13:30~17:00

[会場] 宮島商工会館4階 会議室(広島県廿日市市宮島町527-1)

[定員] 先着50名

[講師] 滑川 和也 弁護士

広島県・今治市雇用労働相談センター相談員

■日本弁護士連合会 人権擁護委員会委員 ■英語相談対応可能

 

[内容]

宮島を訪れる外国人観光客は年々増加しており、昨年は過去最高の28万人を記録しました。観光消費額の拡大に向けて外国人雇用を行うことは、インバウンド対応の大きな課題の一つである外国語対応だけでなく、多様な文化や価値観、ものごとの考え方を経営に取り入れるための有力な選択肢の一つであると言われています。一方、外国人の雇用に際しては、労働関係法令を遵守することはもちろん、就労ビザや文化の違いなど、外国人雇用に特有の留意点が存在します。本セミナーでは、多様な産業人材の雇用を支援するため、外国人雇用のポイントを分かりやすく解説し、中小企業・小規模事業者の人材不足、人手不足解消のヒントを提供します。

 

セミナーチラシ(288KB)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

セミナー情報