Skip to content Skip to footer

短時間・有期契約社員の労務管理(2)労務管理編

短時間労働者・有期契約労働者を雇う際に気を付けることをご存じですか?

第1部では、就業規則を含めた雇う際の注意点やポイントを、
第2部では、法的規制や裁判例についてご説明いたします。

ちょっとした疑問をお持ちの方や、これからこのような方の雇い入れに取り組む上での対策を知りたい方、セミナーに参加してみませんか?
1部のみ、2部のみでもご参加いただけますのでまずはお気軽にお申込みください。

■こんな方にオススメ!

・短時間労働者・有期契約労働者を雇用予定
・弁護士の視点で見る人事労務のトラブル(裁判例)を知りたい
・総務・人事労務の担当者としての自分の知識を確かめたい

人事・労務管理の基本を学びなおしたい方、また、これから起業したい方やベンチャー企業の方のご参加もお待ちしております。セミナー後には講師の弁護士・社会保険労務士へ質問ができるお時間を設けていますので、この機会に日ごろのギモンや不明点をご質問ください。

<概要>

[日時] 2023年2月17日(金)13:30~16:30

[開場時間] 13:15

[場所] 広島商工会議所
(〒730-0011 広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル 307号)

[定員] 会場(20名) + オンライン(100名)

[対象] 事業主、管理職、人事労務担当者

[セミナータイムライン]

~トラブル防止のために!~

短時間・有期契約社員の労務管理 ②労務管理編

13:30~14:30       講師:特定社会保険労務士 山延 暁美

短時間・有期契約社員を雇用する中で起こりがちな労務管理の疑問を確認しておきましょう。

<概要項目>

■正規雇用労働者・短時間労働者・有期契約労働者とは

■同一労働同一賃金とは

■雇入れ後の説明義務

■就業規則の適用と注意点

■社会保険・労働保険の適用基準(短期間、短時間、複数勤務など)

■年次有給休暇の考え方

■健康診断、育児休業・介護休業等、取得基準について

■正規雇用労働者への転換制度

■(参考)無期転換制度・契約更新と雇止め 

短期間・有期契約社員をめぐる

法的規制や新たな裁判例について

14:40~15:40 講師:弁護士 山崎 義明

いわゆる働き方改革等を契機として、短時間・有期契約社員をめぐる法的規制に変化が生じたり、同一労働同一賃金に関する最高裁判例を筆頭に新たな裁判例が現れたりしています。そこで、セミナー後半では、上記法的規制や新たな裁判例のいくつかをご紹介したいと思います。

<概要項目>

■短期間・有期契約社員をめぐる法的規制(法改正を含む。)

■いわゆる無期転換ルールについて

■同一労働同一賃金に関する一連の最高裁判例の解説

■有期契約の更新拒否(雇止め)に関する法令や裁判例の紹介

ほか

個別相談会(希望者)

15:50~16:30 セミナー講師に相談できます。

労働問題に関して、日ごろから悩みや疑問を感じておられる方の相談に、講師が個別にお答えします。また、当日のテーマ以外のことであっても、専門家(社会保険労務士及び弁護士)が丁寧に対応させていただきます。当日お時間の取れない方には、来所相談や個別訪問の予約を承りますので、お気軽にご相談ください。


    必須参加希望セミナーを選択
    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    任意役職
    任意会社名
    任意業種
    任意住所
    任意セミナー後に個別相談 相談したい
    任意知りたいこと・お問い合わせ内容

    国家戦略特区 広島県・今治市雇用労働相談センター / HiELCC

    Address

     広島県広島市中区基町5-44広島商工会議所ビル5F

    対応時間:月曜~金曜 9:00~17:00土曜・日曜・国民の祝日・年末年始を除く

    Contact

    tel. 0120-540-690

    fax. 082-221-8882

    Socials